私がED治療に取り組んだ半年間

EDを発症しました。

ED治療 ED治療の誤解と真実|日本新薬

30代後半の頃、私はEDを発症しました。
当時は突然のことで本当に驚いたのですが、妻との夜の時間になっても全く勃起ができなくなり、その後すぐにセックスレスの生活へと変わっていきました。
妻からは悲しまれてしまい一時期は浮気も疑われ、私としてもとても傷付いたのを覚えています。
ただ性欲がなくなっていたわけではなかったので、これはもしかしたらと思いEDの可能性を疑うようになったのです。
とはいえ、やはり病院へいきなり行くのは抵抗がありました。
まだ自分では若いと考えていたのもありますし、近くのクリニックには知人が通っているのを知っていたので、尚更自力で何とかしたいという願望を持っていました。
そこで自分なりのED治療の第一歩として、まずはバイアグラを購入することにしたわけです。
バイアグラは、それなりの効果がありました。
飲んで1時間くらいすると性器の緊張が解けたような感覚になり、比較的勃起しやすい状態になりました。
しっかり勃起したのはこのときで数週間ぶりだったので、何か不思議な感じもしましたが素直に嬉しかったです。
そしてこの効果のおかげで、妻とセックスをする際にはとりあえず問題はないようにもなりました。

EDを発症しました。 : EDで夫婦仲は最悪。 : 心因性EDでした。